2020年1月、中国武漢市民が作った一本の映像作品を観て、間もなく世界がひっくり返る予兆を感じました。
その広がりは予想を上回り、情報は更に大きな現象になって世界を飲み込んで行きます。
社会活動、商店、個展やイベントが次々と中止になる中、むしろART の本番が訪れた確信を持ちました。
生命力を(が)描いておりますので、これからの世界で、こういう絵は必要になるのです。
早速住まいをトウキョウからウエノハラに移し、これからの世界に沿う生活形態を作り始めました。
今までは金銭との交換のみで成り立っていた経済を、モノやエネルギーとの交換も含んだものに変えます。
又、以前から行なっている、産院に対する絵の進呈「お産の絵」のように、予祝行為も本格的に行います。
これがアートの基本姿勢となります。
生命力の描く、生命力の絵です。
このアーカイブには、現在アトリエに保管している作品を載せます。
行き先が決まったものにはそのように明記しております。
良かったら山梨県上野原市にある自宅兼アトリエにいらして下さい。
都心から電車で一時間ほど、車でもそのぐらいです。
絵を観て頂きながらゆっくとお過ごしください。
このアーカイブで実際に観てみたい絵がありましたら、お気軽にご連絡下さい。
購入、分割、交換、等のご相談もお気軽に。
よろしくお願い致します。

マシマタケシ